保水力やアンチエイジング効果の高きプロテオグリカン

プロテオグリカンと言う名前を聞いたことがあるでしょうか。プロテオグリカンとは、グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸といった成分で構成された成分で、細胞の間や真皮、軟骨に含まれています。ヒアルロン酸よりも高い保湿力を持っていて軟骨や細胞が正常に活動できるのもプロテオグリカンのおかげなのです。

 

また、プロテオグリカンはEGF様作用も持っています。EGFとは肌の細胞を増やしたり成長させる因子のことで、年齢を重ねるとこれが減少していくので肌が老化していきます。そのEGFと同じような働きをしてくれるのがプロテオグリカンです。プロテオグリカンにはアンチエイジング作用があるので、化粧品に使われたり関節痛対策のサプリメントに使われたりします。

 

これだけの働きをしてくれる成分ならもっと有名になっていてもいいと思うかもしれませんが、プロテオグリカンは抽出が非常に難しくコストがかかるため、あまり皆さんの目に触れることが無いのです。グルコサミンやコンドロイチンはプロテオグリカンに比べて抽出が簡単でコストを抑えることができるので、膝や関節痛に効果的なサプリメントとして有名になったのです。

 

しかし、最近ではプロテオグリカンについての研究も進んできていて、元来牛から抽出していたのですが、鮭の頭部から抽出することができるようになり、価格も低めになってきたため、今後はひざ痛や関節痛のサプリメントの中心的な材料になっていくかもしれません。また、保水力やアンチエイジング効果があるので 化粧品としても使われるようになっています。プロテオグリカンはこれから注目の成分と言っていいでしょう。