プロテオグリカンは軟骨の減少を抑制する

軟骨とプロテオグリカンにはどのような関係があるのでしょう。

 

プロテオグリカンは軟骨を校正するものの一つです。軟骨は、水分とコラーゲン、軟骨細胞、そしてプロテオグリカンからできています。プロテオグリカンの役目は、保水力とクッション効果によって軟骨を守ることです。年齢を重ねるとひざなどが痛くなるのは、かれいにともなって軟骨細胞が減少していき、それによってプロテオグリカンを含む軟骨基質が作れなくなるためクッションがなくなり、骨と骨がぶつかって軟骨がすり減るためです。軟骨は一度すり減ると元には戻すことはできないので、減ったらそのままになってしまいます。プロテオグリカンやグルコサミンには軟骨がすり減らないようにサポートをする働きがあります。ですから、そういったサプリメント等は軟骨がすり減る前に摂取しないと意味がありません。

 

プロテオグリカンの軟骨への影響は、軟骨の元となる軟骨前駆細胞を増加させることです。この働きにより軟骨が減少することを抑制します。また、プロテオグリカンを添加すると軟骨の分化が誘導されます。これによって軟骨が減少することと軟骨基質が減少することを抑制してくれます。さらに軟骨の石灰化を抑制する作用もあります。軟骨が石灰化すると、多発性の関節痛を起こし、痛風に似た痛みを発症します。痛風は男性に圧倒的に多く見られますが、軟骨の石灰化による痛みは男女関係なく起こります。痛風よりも痛みは軽いのですが、診断が難しく関節リウマチと混同されてしまうこともあります。

 

プロテオグリカンには、以上のような働きがあるため変形性関節症の予防や改善に役立つことが期待されています。