あなたのトレーニング効果を引き出す食事情報サイト

効果的な食事のタイミングとは?

トレーニングの前に食事をする

もしトレーニングの前に食事をするのであれば、体に負担がかかってしまうので直前に摂取することはやめておいた方がいいです。
かといって空腹のままトレーニングすれば良いのか?と言うと、トレーニングには大きなエネルギーを使うのでそれも避けた方が良いです。
このエネルギーと言うのは炭水化物(糖質)のことです。
炭水化物が足りていない状態でトレーニングすると筋肉に必要なタンパク質を分解してしまうので筋力が付かず、非常に効率が悪くなります。
では、どの時間帯が炭水化物を摂るのに良いかと言うと、これは人それぞれだとは思いますが最低でもトレーニングの1時間以上前が望ましいです。
炭水化物は太るので、食べることを控える人も多いと思いますが、運動時には積極的に摂取することが大切です。

トレーニング後の食事の効果や大切さ

トレーニング後は体に大きなストレスを与えています。
その結果、筋肉痛や倦怠感といった症状が引き起こされます。
ですから、このダメージを回復するためにも、筋トレ直後の食事というのは重要です。
食事から得られる栄養は筋肉や体を再構築し、エネルギーを補給し、さらには全体的な体の回復を促していくためにも効果的です。
そして直後というのは一般的にゴールデンタイムと呼ばれている時間で、基本的にはトレーニング後から45分以内を指すことが多いです。
このゴールデンタイムは筋肉が栄養素を取り戻そうとしている状態です。
このタイミングで摂るべき栄養素は筋肉の修復や成長に必要なタンパク質と体のエネルギー源としての炭水化物が大切です。
ただし、消化に時間がかかってしまい、炭水化物やタンパク質の消化スピードを遅くしてしまうため脂質は避けるべきです。
トレーニング後の食事は消化吸収の素早さが重要になってきます。


この記事をシェアする