あなたのトレーニング効果を引き出す食事情報サイト

朝・昼・夜に適した食事を摂ろう!

努力を無駄にしない食事メニュー

まずは朝食のメニュー例を紹介します。
朝食は食べない、コーヒーのみで済ませるという方もいるかも知れませんが、朝食は積極的に食べましょう。
朝食で意識したいのは筋肉をつくるタンパク質です。例えば目玉焼きや、ハムやツナです。パンにのせて食べると良いかもしれませんね。
また、バナナやシリアルなども良いですが、タンパク質は不足してしまいます。

次に昼食メニューですが、炭水化物とタンパク質、ビタミンやミネラルが摂れるように意識しましょう。
メニュー例として、定食がおすすめです。
ご飯、肉や魚、サラダや汁物などバランス良く栄養素を体内に取り込むことが出来るからです。
もし定食でなく、ハンバーグやパスタだったらセットでサラダを付けるようにしましょう。

最後に夕食メニューです。夕食は飲み会や残業で偏りがちですが、サラダや肉・魚を食べればバランスの良い食事が摂れます。ただし、肉や魚は揚げ物を選ばないように注意しましょう。

トレーニングの効果を下げない工夫

朝昼夜にしっかりと食事が摂れるとは限りませんよね。
少しでも日々のトレーニングを無駄にしないための工夫を紹介していきます。
例えば、残業で帰宅するのが遅くなり、夕食が遅い時間になってしまう場合です。
その場合、分食をおすすめします。分食とは1食分を2回に分けて食べることです。
こうすることで帰宅後の食事をセーブできます。
他の例として、寝坊してしまったり、朝が苦手な方はどうしても朝食を抜いてしまいがちです。
ここでおすすめなのがプロテインでエネルギー補給をすることです。
ビタミンやミネラル、タンパク質がバランス良く含まれているものを選ぶと良いでしょう。
最後に、朝昼夜すべてコンビニで済ませてしまう場合です。
できればそういったことは避けたいですが、そんなときは主菜から選ぶことを心掛けてください。
このようにしっかりと食事が摂れないときでも内容を工夫しながら、トレーニングをしていきましょう。


この記事をシェアする